1000円あったらガスケット買お〜!

ってことで連続うpです!
今日はいよいよクラッチケースを開けて遠心フィルターのお掃除です♪

遠心フィルターとは、遠心クラッチの真ん中の空間のことで
そこにオイルが通ることによってクルクル回ってるクラッチハウジングの遠心力によって、
オイル中のカスを分離していしまうというとっても効率的でお利口なシステムのことです♪

普通のバイクには「オイルフィルター」というのがあって、通常オイル交換2回に1回のペースで交換していてばよいのだけれども、CRFとかのカブ系エンジンにはそれがないので、その代わりに付いてるのが遠心フィルターです。
定期的に分解、清掃してやるのデス♪
メーカーの推奨は12ヶ月か2000キロ走行でとなっとります。

っで、まずはメンテするにあたって絶対用意したいのが、
d0031770_034620.jpg

サービスマニュアルとパーツリスト!
サービスマニュアルは新車についてくるんで大概の方が持っているかと。
パーツリストはいくらもしないんで(1〜2千円?)パーツ注文にも重宝するし一家に一冊です♪

d0031770_0392146.jpg

それと工具、ケミカルはもちろん、ウエス(オイラはキッチンペーパー)とパッド(お皿)などがあればなお便利です。

準備できたらまずは軽く暖気をした後、周辺パーツ(マフラー、スキッドプレート、ステップ&ブレーキペダルなど)を外します。
外すにメンドいパーツもあるけども横着はナレるまでオアズケでw。
さっぱりしたら先にフィラーキャップ(入口)を外してドレンボルトをゆるめてオイルを抜きます♪
d0031770_042320.jpg

オイル抜く時は基本バイクは垂直ですけど、CRFはドレンが右側によってるんで少し右に傾けたりしつつと。

オイルが抜けたらドレンボルトを締めます!
っとここで注意は、ドレンボルトに「仮締め」は存在しません!!ボレンは本締めのみで!
あとで締めようとかと思ってると締めるの忘れて走行中に確実に落とします(かなりの確率でw)。

ケース周辺にドロなどないのを確かめた後、クラッチカバーをとめてる6mmボルト(8本)を8mmレンチで外します♪
d0031770_049519.jpg

んで、軽くプラスチックハンマーでトントンを叩いて張り付いているガスケットをはがしてカバーを浮かせます。その時残ったオイルがこぼれるんで下にはパッドなど置いてネ!

カバーを外す時はキックアームシャフトを親指で押しながらオイル口を指で引っ張るよ〜にすれば、簡単に外れるはずデス。

d0031770_0593427.jpg

カバーを外すと大概ポロッとクラッチ回りのパーツが落ちてきますんで慌てず回収しときましょ〜♪

d0031770_15469.jpg

エンジン側はこんなカンジ♪

シフトシャフトからのびるアームやセンターのベアリングも外して一カ所にと。
d0031770_16504.jpg


っでいよいよ目的の遠心フィルターカバーを外します。
まずはとめている4本のスクリューボルトを+ドライバーではずすんですけども、
普通にゆるめよ〜と思うと間違いなくナメます(^ ^;)。
まずは+溝をパーツクリーナーとかでキレイにオイル除去します。
d0031770_1114546.jpg

そしたらゆるめる工具はショックドライバー!
d0031770_1124486.jpg

ゆるめる方向に回しつつケツをハンマーでたたくとその力でクルっとゆるみます♪
ただ強く叩くとパーツやボルトを破損させちゃうのでナレるまでは手加減しつつネ。
写真のショックドライバーはこれ用に細めのヤツをホームセンターで700円で買ったモノw。
3、4千円の出せばまともなヤツが買えるんで一本持っているとなにかと重宝しますよ〜!

ボルトを外して張り付いているガスケットをカバーを傷つかないよ〜に細いードライバーでコジって外すと
d0031770_117862.jpg

こんなカンジ!
ギザギザしているトコに詰まっているんが遠心で分離したカスです!

d0031770_1205867.jpg

パーツクリーナーやブラシをつかってキレイにします♪
極力ってかぜったい除去したカスがケース内やオイルラインに入らないよ〜に焦らずちょっとずつと。

キレイになったら目的終了〜♪
ホントはクラッチのバラして測定、点検のしたかったけども時間的にシンドかったんでそれはまた後日と。

こっからは組み付けの下準備になります♪

まずは用意するパーツです!
d0031770_1285480.jpg

クラッチカバーガスケットとフィルターカバーバスケットと写真にないですけどもキックシャフトのオイルシールの3点で約1000円ぐらい。

両カバー、クランクケース共、メンテ作業で一番メンドいガスケットの剥離をば。
d0031770_1315957.jpg

まずはスクレイパーではがしていきます。
今回はガスケットがクラッチカバーにがっつり一体化しててメンドかったけども、あせらずぼちぼちと取っていきます。

大凡とれたら今度はオイルストーンで残った薄いカスや表面のキズをキレイにします。
d0031770_135515.jpg

オイルストーンとかいいながら使っているのは百均で売ってる包丁砥石だったりww。
50パーツにはちょうどよい大きさでコレけっこうお気に入りデス♪
ただストーンより削りすぎるんで要注意デス。

キレイになったらまずはキックシャフトのオイルシール交換を。
d0031770_1534192.jpg

外すのはードライバーで軽くコジればポコっととれます♪
んで、新しいシールとケースの穴ににシリコン系グリスをほどよくイパーイ塗って
d0031770_154748.jpg

まっすぐ指で押せばキュッっと入ります。意外と簡単♪
ケース組む時に忘れないよ〜にキックシャフトにも先にグリスを塗っておきましょ〜。

下準備ができたら一度キレイにしたパーツを集めて確認しときます。
d0031770_1392826.jpg

バラバラに置きながら組むと組み忘れ安いんで、こうして全部のパーツを一つずつ組んでいきます♪

おっと、組む前に各部の点検です!

まずはオイルラインですが、ポンプで吐き出されたオイルがケースで二手に分かれて、片方は腰上に、もう片方がここから入って…
d0031770_1423799.jpg

ここから出てきます。
d0031770_1464127.jpg

そんで遠心クラッチの真ん中を通って腰下の各パーツの潤滑をします。
なのでこの通路をエアがあれば吹いてキレイにしときましょ〜。

d0031770_1494422.jpg

すっかり忘れていたドレンボルト上にあるストレーナーも一度外してキレイキレイに♪

あと、クランクケースのボルト穴もガスケットをハグったカスなどが残ってないか、一つずつエアで吹いてキレイにしときます。

そしてらまずはシフトクラッチのパーツをば。
バイクが立ってるとパーツが落ちて組みにくいんで、横倒しにして組みます。
倒す時はシフトアーム(左側)が床に干渉してると間違った位置で組んじゃうんで注意です♪
パーツに落ち着きがない時は固めのグリスをのり代わりに塗ってもよいかと。

d0031770_2424879.jpg

クランクケースのノックピン(2つ)とガスケットを組んだらいよいよケースを閉じます!
d0031770_223634.jpg

まっすぐそ〜っと落としていくんだけども大概キックシャフトがあってないんで、
途中まできたらキックをはめて少し回しながら軽く上にあげるよ〜にするとスコッとはまるかと♪

その時ケースとカバーが抵抗なくキレイにはまれば問題ないですけども、
たまにクラッチのとこのパーツがはずれてたりするんで、怪しいなと思ったら何度でもやり直して確認しましょ〜!慎重すぎぐらいがちょうどよいかと♪

っで、カバーが付いたらボルトで締めていくんだけども、その前にすべてのボルトのネジ山にグリスを塗っておきます!
d0031770_211345.jpg

基本ボルト、シャフトにはすべてグリスうpデス♪
こうすると熱などによる張り付き防止と正確なトルク管理ができて、結果緩み防止やネジ穴の破損を免れます。
初心者でもグリス片手にボルト締めてると「ヤルな!」ってカンジなんでw是非クセ付けときましょ〜(^ ^)。

そしたら正しいとこにボルトを差して、少しずつ均等に締めていきます。
締め付けトルクは10N/mぐらいかな♪

d0031770_2215820.jpg

っで!完成〜♪

じゃなくてクラッチ調整をば!
d0031770_2221496.jpg

このへんはサービスマニュアルを参照デス♪

今回撮影しながらのメンテで約1時間かかりました(^ ^;)。
そんうち7割以上が清掃やG/K除去などの下準備にかかっていて工具握ってるのはほんのわずかな時間です。整備は準備&段取りが命ですんで特に初めてやる方は横着は敵!なカンジで時間もゆとりを持ってやられるとよいかと思いますデス(^ ^)。

ちなみにバイク屋に頼むと工賃5、6千円?ぐらいかなぁ〜(パーツとオイルで1万弱?)。
時間、技術、知識、工具、ケミカル、場所、廃棄(オイルなど)、信頼などを考えるとプロにお願いするのも一つに手かと。

次回はヘッドの点検、O/Hとシリンダー&ピストン交換を!
ってか作業よかブログうpのほうが時間3倍かかってて正直シンドいっす(^ ^;)ww。
by mandalamandala | 2007-01-25 02:34 | MINIMOTO maintenance
<< さっそくですが… 晴れた日はブラシを持って… >>