やっつけ遊び♪

忙しい時ほどKITCHENの模様替えがしたくてウズウズなHISAです(逃避だなっw  ̄-  ̄ )。

KLXのケース割ってみました♪
バイク屋2件回ってSST(特殊工具)をかっさらってきてww。
つまづいていたフライホイールプーラーはバイク屋に買わせて借りるという、
人としてあるまじき行為でなんとか解決ww(゚▽゚*)ニパッ♪

簡単にですがメンテレポなどうpしてみますデス♪KL系の方のためになれば…なるかな?

周辺パーツを取ったら極真瓦試し割りの要領で(モチウソ)早速ケースかち割り♪
クランクプーラーももち借り物で(さんQ~デス!)。
d0031770_154879.jpg

圧入なんでパキパキ言いながら外れます(^ ^)。

開けたらさっそく各部チェクをば。
d0031770_15525249.jpg

ここで問題発生!!
クランクシャフトベアリングは信頼のNTN製なんだけども、
ミッション回りのベアリングがNACHI製(タイ製)を使っててこれがゴリゴリでやんの!
ってかNACHIっていつからタイ企業になったんだかし…
#178saito-さんの言ってた意味がわかった瞬間ですww。

特に差してるヤツは指で回してもシンドいぐらいでそのまま組むのはヤバめ〜(汗
だれか夜中の1時にベアリング売ってるとこしりませんか〜?(´Д`) =3 ハゥー

っと、悩みつつよ〜く見たらJISベアリング番号が6201……
手持ちがあるじゃん!!っと解決♪
d0031770_15595393.jpg

え〜っと、CRFのフロントホイールベアリングです(もち新品)ww!
シール外せば問題なく使えます♪

ほかのNACHIベアリングはとりあえずオアズケで次回交換の方向で。
KLXをO/Hされる方はベアリング交換前提でイキましょ〜♪

d0031770_1625436.jpg

ケースの合わせ面はカワサキ伝統wの液体モリモリイパーイ塗ってあって、
中もビロビロでした(^ ^;)あいかわらず、もう…(= =#)。
フライス加工もコッチもあいかわらずキレイなヘアライン(それも剛毛w)出てますんで、
オイルストーンでキレイに面出ししませう♪

っで、なんでケース割ったかというと…
d0031770_1684140.jpg

コレ交換です♪

KLX110はもともとKSR系といっしょで4速ミッションが入ってるんだけども、
キッズ用にシフトドラムの溝のみで3速にしてあるんね(^ ^)。
ってことで、ドラムをKSRのにするか武川とかで出てるのに交換すれば純正4速に簡単にできますデス!

今回はKSRので組もうと組み付け確認してみると、
写真の左側のベアリングにハマるトコがなんかスカスカ…
測ってみると0,05mm小さいでやんの(ー ー;)。純正品なのに…
前にタイに言ったときに、タイ語が単語がものすごく少ないとというお話をお聞きしたのだけれども、
きっとタイには「公差」って単語もないと見たww!!微笑みの国です♪
日本でコレやったら速攻親会社に呼び出し→説教です(^ ^;)製造業きびしいです♪

今回はドラムなんでたいして問題ないとふんでそのままイキます、ハイ。

っでミッション組んでケースに液体ガスケット塗って軽く乾かしたらケース閉めま〜す(^ ^)。
普通縦割りケースを閉めるときは、クランクシャフトを引っ張りながらケースを押していくんだけども、
マニュアル見ると「乗っけてケースボルトで締めちゃってバッチグー」っと書いてあるし…
当然SSTもなし!
それだとちと怖いんで試しにヤマハとスズキのSSTを借りてきてみたけれども、
ケースも形悪くて使えんかった(ー ー;)。
しかたがないんで…
d0031770_16245497.jpg

ケースを温めてボルトで締めていきました。

こうやると当然締めたあとクランクシャフトが押されたままになって回転も重いし
もちろんパーツにもよくないんで、
d0031770_16264890.jpg

締めたあと、借りてきたスズキのSSTをスライドハンマーにように使ってクランクシャフトを気持〜ち引っぱります!
一番軽く回るトコで完成〜♪

そしたら周辺パーツも
d0031770_16314998.jpg

#330号はマグラ製のハンドクラッチキットが組んであって、
遠心クラッチは不要なんで武川パーツを使ってこれもとります!
この1次ギア部にはギアのバックラッシュを無くすためにギアが2枚になっていて
2枚目はスプリングでクラッチギアになっててコッてます♪組み付けメンドいです♪

クラッチ回りのナットは1、2次とも締め付けトルクが73N.mとバカ力設定〜。
1次(クランク)は武川パーツにスパナのかかるトコあがってイケましが、
クラッチハウジング(2次側)はまたまたSSTが必要…
っで、当然持ってないんでww、
d0031770_16395017.jpg

クラッチスプリングをとめるプレートを使わないで、ワッシャーなどで一度クラッチを組んで固定してから、
1次側を押さえてトルクレンチで締め付ければ解決〜♪逆回りでメッサやり辛いけどもw。

そしたらスプリングをまたバラしてホントのパーツを組んでホントに完成〜♪
d0031770_16433823.jpg


外した1次遠心クラッチパーツと。
d0031770_16441559.jpg

重そうだぁ〜!ってか実際かなり重いパーツで効果出そうデス♪

d0031770_1645916.jpg

腰下組めたら今度は腰上です♪

d0031770_16454824.jpg

もともとキタコの124ccキットが入っていたんだけども、
最近ハヤりのアルミシリンダーのクリアランスのせいか、当たりがかなりキツめです。
ピストンのEX側は大きなキズも…
ノーマルでもだけども特に社外シリンダー組んでる方は乗る前にはばっちり暖気しませう♪

今回はピストンはそのまま使うんで、当たりキツいとこはペーパーをスラッシュに当てて修正〜。
そのまま組んであったピストンスカート回りの糸面も、
リューターでエッジを無くす程度に面取りしたあとペーパーでキレイにしときました♪
純正ピストン組むときでもやっておくと気持ち的によいかと(^ ^)。
たぶんバイク屋さんが組む時はやってくれたると思います(コーティングピストンは不可)。

次回はヘッドをうpしま〜す♪いやっ…たぶん…
by mandalamandala | 2007-02-10 16:59 | KLX110
<< 2007 challenge ... NO 工具 NO LIFE >>